/ FreeBSD

portmaster でのインストール時に依存パッケージは pkgng で入れる

FreeBSD 10.0 を使い始め、pkgng の恩恵を預かっているとはいえ、カスタムしたい ports もあります。
その際、(僕は) portmaster を使うことになるのですが、そのパッケージに依存するパッケージは、可能なら pkgng でインストールを行いたいのです。

例えば libav をカスタマイズしたいときは、下記の手順です。
もっといい方法ありそうですが…。

インストールしたい ports の config を行う

# cd /usr/ports/multimedia/libav
# make config
...snip...

portmaster が依存でインストールするパッケージをリスト化

# portmaster --show-work multimedia/libav | grep -w 'NOT INSTALLED' | cut -d'/' -f2 > /tmp/list

pkgng で依存パッケージをインストール

# cat /tmp/list | xargs -n 1 pkg install -A -y

portmaster でインストール

# portmaster multimedia/libav

ちなみに、pkg install -A は下記です。
パッケージが orphan (孤立) のものしてマークされるので、pkg autoremove のときに消えてくれます。

# pkg help install

...snip...

-A  Mark the installed packages as orphan.  Will be automatically removed
         if no other packages depend on them.  For more information please
         refer to pkg-autoremove(8)

...snip...

  • 初稿 (Wed, 26 Mar 2014 11:53:27 JST)